施術について

ガムランディー整骨院では、患者様の症状に合わせた多様な施術メニューをご用意しております。

タイ古式マッサージ

世界で一番気持ち良いと言われるマッサージ

ゆったりとしたリズムで人体を流れている「セン」と呼ばれるエネルギーラインを、マッサージによって刺激を与え、気を整える事により免疫力や自然治癒力を高める効果があるとされています。特徴として、「セン」の主軸が集中している足に重点を置き自律神経など全身をコントロールしていきます。

また、タイ古式マッサージは「二人で行うヨガ」とも言われ、柔軟性を高め疲れにくい体作りをするのも特徴の一つです。決して痛みを伴ったり無理な姿勢を強いることはありませんのでご安心ください。

タイ古式マッサージの歴史は2500年前に遡ると言われています。

仏教は、インドの僧侶達がタイに移り住む形で伝来したものですが、マッサージの技術もこれと同時に伝わったと考えられています。シヴァカ・クマール・バッカというインドから来た医師は、ブッダと交流を持っていたとされる人物で、「サンガ」というブッダを中心に形成された仏教僧集団の筆頭医師でもあった人物でした。彼がタイマッサージの創設者と言われており、現在でもタイの人々に大変尊敬されています。タイ古式マッサージは、インドのアーユルヴェーダをベースにし、中国の指圧、経絡やチベットの伝承医学などの影響を受けながら、師匠から弟子へ、仏教の教えとともに寺院で保護されながら発展しました。

タイ古式マッサージは人体に「セン」と呼ばれるエネルギーラインが流れているという考え方に成り立っています。この「セン」には、目には見えない不思議な生命エネルギー(プラーナ/気)が流れており、自分のカラダ(肉体と精神)を宇宙エネルギーと結ぶ大事な架け橋の役割を果たしているといわれています。身体や精神に不具合がある時には、この生命エネルギーの供給がうまくいっていない状態と考えられます。そこで、マッサージによって「セン」に刺激を与え、生命エネルギーの流れをスムーズに良い方向にもっていくことが非常に大事だというわけです。

タイ古式マッサージは、その特徴の1つとして、足に重点が置かれていることが挙げられます。それは、「セン」の主軸の10本のうち、6本が足に集中しているためです。足は第二の心臓と呼ばれていますが、足の裏や甲には、自律神経などの全身をコントロールする神経が集中しています。足の裏から時間をかけて「セン」に刺激を与えながら、全身に働きかけます。

タイ古式マッサージは、別名「二人で行うヨガ」とも言われ、マッサージを受ける側だけでなく、施術する側の健康にも良い効果があると言われています。通常のマッサージを施術する側は、一定の時間を同じ姿勢でいなければならず、体に負担が出てきてしまうものですが、タイ古式マッサージの場合は、施術する側もマッサージする場所によってポーズを変えたり、ストレッチをすることにもなるので、疲れにくく、お互いヨガをしあうように行うことができると言われています。

もっと見る

フットリフレクソロジー

足を通して身体の声を聞く

リフレクソロジーとは反射学と言う意味があり、臓器や各器官に繋がる末端神経が集中している足の反射ゾーンを刺激することで、本来の自然治癒力を正常に戻すマッサージです。足つぼマッサージと違い優しく必要以上の圧力を加えず反射ゾーンを刺激するので施術中もリラックスしていただけます。
また、第二の心臓と呼ばれる下腿部を刺激することにより血液やリンパの流れをスムーズにし足のむくみや、身体全体の血行を良くし疲労を和らげます。

フットリフレクソロジーの「リフレクソロジー」とは「反射学」と言う意味があります。
身体の臓器や各器官につながると言われる末端神経が集中している箇所のことを「反射ゾーン」と言い、例えば、足の裏にある「胃」の反射ゾーンを刺激して胃の器官の働きを活発になるという考え方です。こういった「反射ゾーン」にのっとって、刺激することを「リフレクソロジー」と言います。足の反射ゾーンを刺激して血液やリンパの流れをスムーズにし、人間が持っている本来の自然治癒力を正常な状態に戻すマッサージのことをフットリフレクソロジーと言います。

フットリフレクソロジーの発症については、色々な説があります。中国では、5000年前に書かれた医学書「黄帝内経」の中に登場しており、エジプトでは4000年前の壁画に医師が足や手を揉んでいる姿が描かれています。また、インドにはブッダの足型を写した「仏足石」という絵に、内臓を表す絵も描かれています。
このように、古い時代から各地で足裏と身体全体には何かつながりがあるように考えられていたと言えます。

足は「第二の心臓」と呼ばれています。これは、心臓から送り出された血液を再び心臓へ送り返すポンプの役割を果たしているためです。長時間立っていると、重力により血液は、足の方にたまりやすくなります。タイの伝統的なマッサージ手法からフット棒、また血流と代謝効果を高めるためにマッサージクリーム、バームを使用し、足の指先から膝までマッサージをして反射ゾーンを刺激し足のむくみや、身体全体の血行を良くし疲労を和らげます。

もっと見る

骨盤調整・猫背調整

歪みをなくして健康で痩せやすい身体へ

骨格の歪みは身体に様々な悪影響を及ぼします。特に肩周りと骨盤周りの歪みは、肩こりや腰痛の原因になることもあります。
当院では独自の技術により筋肉や細胞、感覚受容器などに軽い刺激を与え身体の反射を利用することにより骨格を本来の正しい位置に戻します。ボキボキ系の痛みを伴う施術はしないのでご安心ください。
美姿勢になることで丈夫で痩せやすい身体づくりをお手伝します。

骨格が歪むと周囲の筋肉が引っぱられて本来の伸縮性が妨げられてしまい、筋肉が硬くなってしまいます。筋肉の中には血管・リンパ・神経などが通っているので、血流も悪くなり、神経を圧迫します。骨盤は体の土台部分です。この土台周りの筋肉が硬くなるということは、その周りの筋肉にも影響をおよぼし全身の筋肉の硬さにつながるということです。骨盤のゆがみが肩こり、腰痛、倦怠感、冷え性、浮腫など、さまざまな症状の原因といわれているのです。

また骨盤が開くと本来支えられていた臓器が下に下がり下腹部が膨らみ内臓機能低下や代謝低下に繋がったりします。骨盤の歪みも左右の傾き前後の傾き捻じれ等人によってそれぞれです。当院では、一人一人に合った施術でこれらの症状を改善していきます。関節に過度に力を加えて行う痛みを伴う施術ではなく、関節の持つ特性を活用し、少しの刺激を与えその反射により関節を緩め骨格を本来の位置に戻すので痛みを感じずに施術を受けられます。

何度か施術を行なうことで身体に本来の骨格の位置を記憶させることにより調整していきます。また骨盤や脊柱だけでなく、股関節、膝関節、足関節等トータルバランスをとるので、自然と美脚効果も期待できます。

もっと見る

全身揉みほぐし・延長施術

痛みや疲労が強い部位を重点的に指圧、ストレッチ等の手技両方を行い筋肉や筋膜をほぐし関節の痛みや疲労を和らげます。また、全身のバランスを見て筋疲労や張りが強い部位を整え血液、リンパの流れを促して体のパフォーマンスを向上させます。

通常の保険診療で物足りない方や痛む部位が多い方におすすめします。

保険診療

些細な痛みもお気軽にご相談ください。

主に外傷(骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷)急性症状に対して柔道整復術によって痛みの緩和、早期回復することが最大の特徴といえます。綿密な問診、検査を行うことで症状に合わせた様々な手技療法や物理療法の中から、どのような治療をするか説明することによって、安心して治療を受けていただけます。

  • 干渉波治療器

    2つの異なる低周波電流を流し、体内で干渉させ患部に新たな電流を発生させる事により、リズム良く筋肉を収縮させ筋肉をほぐし、血流を促進し、神経の働きを調整して痛みの除去を図ります。皮膚抵抗が低く不快感なく、電気エネルギーを身体に与えることができ治療部位に十分な刺激を加えることができます。 高い治療効果が期待されます。
    また通常の医療用の低周波治療器よりピンポイント且つ深く聞かせることができます。

  • 超音波治療器

    1秒間に100万~300万回の振動を起こす超音波を照射し、機械的振動によって体の組織が加温されて体内にある微小な気泡が圧縮と拡張を繰り返し、細胞膜を刺激し活性化させます。特徴として、「高い除痛効果・指では届きづらい深部へのミクロマッサージ・立体加温効果による細胞の活性化」の3つの作用で大幅に治療率がアップします。高速度ミクロマッサージ効果で手技によるマッサージの数倍の圧力を深部に直接与えます。運転サイクルを調節することで温熱療法・非温熱療法の選択をすることができるため、発症期、治療目的など多種の症状に対応でき、幅広い治療を行うことが可能です。温熱作用による皮膚温度受容器の刺激、軟部組織伸展性の改善、組織温度上昇、または非温熱作用による神経伝達変化、炎症の改善などができます。この他にも腱・靭帯損傷後の治癒促進や炎症の軽減、骨折治癒促進を目的に用いることもあります。